ロリこんの遊戯王記録

ロリさんの遊戯王、日常、時々パズドラ

4月3日 祝福!

今更ながらきゃのそるさん新社会人おめでとうございます
きゃのそるさん最後の大会には私バイトで行けなかったのですがラックスに寄ってくれましたね

初めてきゃのそるさんに会ったのはTUTAYAでしたね
あの時は私にわかジャンドを使っていてきゃのそるさんのワームにフルボッコでしたね^^
きゃのそるさんからフリーしようと誘われたこと今でもよく覚えています
私も始めたばっかりだったので何が何だかわからなかったのですが
まさかきゃのそるさんと一緒に修学りょk(ryじゃなかったCSに行ってるとは....

完全にお別れというわけではないのでまた機会があれば是非ラックスへ
お待ちしております

風のうわさで聞いたのですが夏には戻ってくるそうですね
その時は是非手合わせ願います
またきゃのそるさん帰省杯とかラックスで開ければいいですね
考えておきますのでよろしくお願いします

きゃのそるさんが不在となるチームイクラ内では私が最年長となるのでチームリーダーイクラさんと共にみなさんを引っ張っていきたいと思っています
正直私は一番の新入りでもあるので不安もありますが若者たちに流されず踏ん張っていきたいと思います



長文でスイマセン...
きゃのそるさんにはいつもお世話になっているので常日頃から感謝の気持ちを抱いております
と同時に目標でもあります
BFを復活させるので甲虫装機以上の成績を残せるよう日々精進していきます
きゃのそるさんも社会の何たらに負けず頑張ってください!
身体だけは壊さないようにしてくださいね



以上
きゃのそるさんへのメッセージでした
本人が見る見ない関係なしにただ私自身が描きたかっただけです
でも日々感謝しているということは届けばいいなーとも思ってます^^


では今日はこの辺でノシ






P.S.
きゃのそるさんありがとおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお\(^o^)/
帰ってくるの待ってるよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお\(^o^)/
写真はアマテラスCSのネームプレート
CSへ一緒に行ってくれたきゃのそるさん,イクラさんありがとうございました
また行けるといいですね(香川はごめんですが....

写真
スポンサーサイト
日常 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<4月6日 スリーブ! | ホーム | 4月2日 爆睡!>>

コメント

「きゃのそるさん」がゲシュタルト崩壊しそうなほどの祝福ありがとうございます。感激です。
チームイクラの皆のブログは2日に1回は見るようにしているので、また何かあればブログに書いてください。コメントもさせてもらいます(^^)

先日の修学旅行は私の10年を超える遊戯王ライフの中でもかなり印象的なイベントでした。酒ばっかり飲んでましたね。

ロリさんはデュエル中の集中力が高く、そしてデュエル後にすぐプレイングの見直しをするのが好印象でした。
経験の少なさから、最後に粘り負けしてしまうことも多く見られたので、今後は一流プレイヤーの対戦を動画で見て雰囲気と思考スタイルをもっと学んでいただければと思います。
(おそらく過去の環境の旋風BFの動画もあったはずです)

暴言を吐く、負けた理由を引きだけのせいにしてプレイングを省みない、色々なところで皆欠点はありました。(もちろん私も)
そんなどこかまとまりのないチームイクラですが、強ければ皆言うことを聞くと思いますので、ロリさんには「常勝」を期待しています。

長くなりましたが、あとのことはお願いします。

それでは、
Entranceでロリさんの名前を見ることを楽しみにしております。
2012-04-04 Wed 08:53 | URL | きゃのそる [ 編集 ]
>きゃのそるさん
早速のコメントありがとうございます
最後の最後までアドバイスありがとうございますm(_ _)m
「常勝」...勝利を急ぐのではなく勝利をイメージする
香川でのCSでの教訓ですね

今の私の脳内は遊戯王一色と言えるのでこれから先のプレイングは経験値をそのまま吸収していき仕上がっていくと思います

最後になりましたが今年の目標としまして
「2013年3月までにEntranceに載る」
ということを掲げます
チームリーダーのイクラさんも少し遅れましたが目標を達成したので
私も大きな目標を持つことにします

今の現状では無理だろとか言うやつがいると思いますが(誰とは言いませんが
いつかトッププレイヤー達にこの名を轟かせていきたいですね

それでは待たせる日を楽しみにしています^^
2012-04-04 Wed 14:20 | URL | ロリこん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |